カラオケの音痴を解消しよう

カラオケの音痴は、しっかりやればすぐに直すことができます。

音痴の人は、自分が音痴だと気づいていないのが問題です。
自分では正しいと思っているメロディーがすでに狂っているので、周囲からは歌が下手だと認識されてしまうのです。

まずは自分の歌がどうなのかを、しっかり知らなければいけません。
録音して原曲と聞き比べてみると違いがわかるはずなので、まずはこのことをやってみてください。

音痴を直すためには、ひたすら練習あるのみです。

原曲を何度も聞いてメロディーを頭に叩き込み、自分が歌ったものとの違いをひとつひとつチェックしていきましょう。
これくらい徹底してやらなければ、直せないのが音痴なのです。

カラオケで音痴だということが周囲に知られると、カラオケ自体が嫌いになってしまうという人がほとんどです。

開き直れる人なら他に一芸を身につけて、音痴であることが気にならないパフォーマンスで誤魔化すことができます。
しかしそういうことができないという人は、頑張って訓練することで音痴を解消するしかありません。

音痴を解消するために必要なのは、自覚と訓練です。

自分のことを音痴であると認めるのは大変なことですが、それができない限りは前に進むことができません。
音痴を克服することができれば、カラオケに行ったときも心の底から楽しめるようになるのでがんばってください。

音痴は克服できないものではありません。
やり方次第では、あっという間に直せる可能性があるものなのです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。